冥府ドラゴン

ドラゴン

冥府ドラゴンの概要

冥府への道で勝利を狙う

冥府ドラゴンは、冥府への道で勝つことを目的としたドラゴンクラスの変わり種デッキ。ドラゴンデッキはフォロワーパワーで押し切るパターンが多いので、相手の意表をつけるのが特徴だ。

手札入れ替えカードで墓地を肥やす

黄金竜の棲家やドラゴニュートスカラーなど、手札の入れ替えができるカードを採用し、高速で墓場を肥やしていくのが特徴。その他にも光の道筋や、新たなる運命でデッキの回転を早くしている。

デッキの相性

アグロデッキには有利

守護持ちや除去カードを多く入れているので、序盤から中盤を対処しやすいアグロデッキにはやや有利に進められる。

ミッドレンジ系は苦手

中盤以降のフォロワーパワーで勝負して来るミッドレンジ系には冥府の道をプレイした所で押し切られてしまう。

サンプルレシピ

サンプルレシピの詳細

レアリティ内訳

レジェンド 0枚
ゴールド 9枚
シルバー 22枚
ブロンズ 9枚

デッキレシピ

フォロワー 重要度 コスト 枚数
アイボリードラゴン ★★・ 1 3枚
ベルエンジェル ★★・ 2 3枚
ドラゴニュートスカラー ★・・ 2 2枚
プリズンドラゴン ★★・ 3 3枚
ウルズ ★★・ 4 2枚
ドラゴンウォーリア ★★★ 4 3枚
天剣の乙女 ★★・ 5 2枚
ゴブリンマウントデーモン ★★・ 5 3枚
ドラゴンガード ★★・ 6 2枚
神龍 ★★・ 7 2枚
スペル 重要度 コスト 枚数
ブレイジングブレス ★★・ 1 2枚
光の道筋 ★★・ 2 3枚
新たなる運命 ★★・ 2 3枚
灼熱の嵐 ★★・ 7 2枚
アミュレット 重要度 コスト 枚数
黄金竜の棲家 ★★・ 2 3枚
冥府への道 ★★★ 4 2枚

入れ替え候補のカード

カード名 説明
ファイアーリザード 2コストで2/1、プレイ時に相手フォロワー1体に1ダメージ。対アグロをより想定するなら採用候補。2コストのフォロワーと入れ替えよう。
グリムリーパー 4コストで3/4、覚醒で+1/+1と守護を持つ。守りを盤石にしたいときに有用。4コストのフォロワーとの入れ替え候補。
竜の怒り コスト4で相手のフォロワー1体に6ダメージを与えるスペル。大型フォロワーの除去を重視する場合のスペル入れ替え枠。
ドレッドドラゴン 7コスト4/4でプレイ時に相手フォロワー1体に4ダメージ。フォロワー除去を意識するなら採用される。5コスト以上のカードとの入れ替え候補。
オーブドラゴン 9コスト6/5、ファンファーレで相手フォロワーかアミュレットを破壊。コストは重いがアミュレットも除去できるのは優秀。神龍との入れ替え候補。

プレイ時の注意点

マリガン

序盤で相手の行動を制限できるように比較的低コストで出せる守護持ちのフォロワーや、除去スペルを優先して確保したい。

後攻の場合4T目の進化で1:2交換を狙えるドラゴンウォーリアがいたら確保しておくのも良い。

なお冥府への道は2枚しか入っていないが、ドローカードを多く組み込んでいるので、高確率で手札に呼び込める。初期手札に入っていなくてもも焦る必要はない。

1〜3ターン目

いかに冥府への道まで耐えるかが重要なので、相手プレイヤーを狙うよりも、フォロワーを優先して処理していく。

合間に隙を見つけてドラゴニュートスカラーや黄金竜の棲家を使い手札の入れ替えを行い、墓場を増やす。というのを繰り返して行くことが基本だ。

4〜6ターン目

進化ができる頃合いになるので、ドラゴンウォーリアが手札にあれば優先して進化させ場を掃除していきたい。

体力の高い守護持ちである天剣の乙女、ゴブリンマウントデーモンなどで引き続き敵の攻撃を耐えつつ手札の入れ替えを狙っていこう。

7〜10ターン目

墓場が30に近づいて来たら冥府への道を繰り出して、勝負を決めに行こう。
ただし、相手を倒しきる前に自分がライブラリーアウトしないように、十分注意しよう。
引用元:【シャドウバース】冥府ドラゴンのデッキレシピとおすすめカード【シャドバ】 – GameWith

本日の最も読まれている記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る